「アンチエイジングケア」とは、加齢などによる肌の老化を防ぐ為のスキンケアという意味です。
主に、エイジングケア美容液や化粧品などを使用して、しみや皺、肌のハリまたは美白などにアプローチしていくことをさします。
基本的に「エイジングケア」とは同じ意味となっています。
このようなアンチエイジングを目的としたスキンケアで、エイジングケア美容液などを利用する場合に気をつけておきたい点があります。
それは、「アンチエイジング」という言葉は、薬事法により化粧品等に使用することが禁止されているという点です。
薬事法では、化粧品の名称等で効果を謳う事は禁じられています。
その為に、アンチエイジングという言葉を謳う事ができるのは、医薬部外品のみとなっています。

「アンチエイジング」では、主に老化原因とされる乾燥と紫外線対策をとるのが一般的です。
具体的には、クレンジングや洗顔といった基本的なケアで乾燥を防ぎ、日中の紫外線対策としてUVケアを行ないます。
また、「アンチエイジング」を進めるうえで、知っておいていただきたいのが「糖化」です。
「糖化」とは、体内のたんぱく質と摂取した糖が結合し、糖化したたんぱく質が体内に蓄積されることをいいます。
この糖化したたんぱく質は、肌の真皮や血管などを硬化させる働きがあります。
その為、糖を過剰に摂取すると肥満の原因となるだけでなく、肌を硬くさせるなど老化を進行させる原因ともなりうるのです。
その為に、「アンチエイジング」を行なう上では、「糖」の摂取方法を考えるとより効果的であるといえます。
このように、密接な関係にある「糖」と「老化」ですが、その摂取の仕方などを工夫することで抑制することができます。
まず大切なのは、食事を行なう際には血糖値を上げない様に、野菜・肉や魚介・白米等といった順に食事を行うことです。
また、よく咀嚼するとより効果的です。
抗糖化効果のある食べ物としては、どくだみ・ブドウ葉・カモミールなどがあげられます。
さらに、近年注目されているのが、抗糖化に作用するといわれている「桜の花エキス」です。
このエキスを取り入れると、老化原因たんぱく質の生成を阻害し、肌のコラーゲン生成を促します。
その結果、しみなどの減少や肌の乾燥を防ぐなどといった効果が期待できるのです。
また、有酸素運動でも筋肉が糖を消費しますので効果的です。

オススメリンク

乾燥肌対策に最適な美容液はこちら!| 美容液比較.com

美白を加える理由

肌のトラブルを引き起こす乾燥を防ぎ、徹底的に保湿を行うことが出来るエイジングラインをしっかりと揃えることがアンチエイジングの基本です。
そんなケアに高価なエイジングケア美容液と併用する必要があるのは、気になるのがシミ対策のため…Read more

関連リンク

最新の投稿
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年5月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031